Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 イタリア発のアパレルブランド「BENETTON(ベネトン)」は、2010年3月13日(土)に「ベネトン メガストア新宿店」をリニューアルオープンさせた。このリニューアルを記念して、Twitter(ツイッター)を活用した初日限定の「フォロワー割引」を実施。イベントは、開店時間のPM15:00にスタートを切った。

 「フォロワー割引」とは、商品購入後にツイッターで "ベネトン新宿なう" とつぶやくと、その時点でのフォロワー数x1円を、ショップにて現金還元されるというお得なキャンペーンだ。このイベントは、販売促進効果だけではなく、ツイッターとUstream(ユーストリーム)のみで行う"当日発表の割引サービス"がどこまでの反響を及ぼすのか、新たなメディアの効果測定を行うものでもあった。

 当日のツイッターでは、「ベネトン」や「新宿」という言葉が「花粉」「ホワイトデー」などを越えるトレンドワードにランクイン。「ベネトン」に関するつぶやきは、通常一日平均10回程度であるが、当日は3,183回ものツイートがあった。また、(#shinjukunow)のハッシュタグは、イベント実施6時間の中で676回もツイートされ、当日の人気タグとなった。(via @hashtagsjp)

 この日は、ツイッター上でFollower(フォロワー)が23万人を超えるという有名人、小鳥ぴよぴよ氏(@kotoripiyopiyo)もイベント開始5分後に来店。「今からベネトン行って来る」のつぶやき一つが大反響を呼んだ。IT世代へ対する理解と期待を表現することを目的とした、この新たなプロモーションに興味を持っていた。その他にも、ガジェット通信発行人の深水英一郎氏(@getnewsjp)を始め、村上裕氏(@musicvideoman) コースケ氏(@kostream)などがユーストリームに訪れた。

 また、同店舗のウィンドーにて行われた、アメリカのアーティストRonald Wimberly(D-π)(ロナルド・ウィンベリー)氏による "ライブペインティング" もオープンと同時にスタート。その模様と新しい店内の様子は、ユーストリームとツイッターを通じてリアルタイムで配信された。ロナルド氏は、ペインティングを開始した直後は、ウィンドー内でダンスしたりとユニークなアプローチをしていたが、人だかりができるとちょっと恥ずかしそうにしていたのが印象的。作品が徐々に出来上がる様子を見ることのできるレアな機会に、通行人の足を止めていた。

 リニューアルされた「ベネトン メガストア新宿店」は、今までの真っ白なストアイメージから一変し、グレーやメタルブロンズのダークカラーが使用されたクールな店内が印象的だ。だが、カラフルな商品は健在で、カットソーやパンツなどで各フロアが彩られている。ビジュアルにこだわった、ひと味違う都会的&スタイリッシュなベネトンの世界を是非一度体験してみて欲しい。


【現金還元結果】

フォロワー割引利用者: 計10名
現金還元総額: 114,578円
現金還元最高額: 81,800円
現金還元最低額: 4円


【"フォロワー割引"のルール5か条】

ルール1: 当日、ベネトン メガストア新宿で商品を購入すること
ルール2: お会計の後、担当者にアカウント&フォロワー数を提示すること
ルール3: 「ベネトン新宿なう #shinjukunow」とアカウントからつぶやくこと
ルール4: その時点でのフォロワー数x1円を現金還元
ルール5: 現金還元の上限は、「買い上げ金額」とする

【記事の写真をもっと見る】