Image by: BURBERRY

写真拡大

 「BURBERRY(バーバリー)」は、路面店第2店舗目となる「バーバリー銀座マロニエ通り」を2010年4月28日(水)にオープンする。売場面積約400平方メートル、2階建ての新路面店ではデニムやアウターを中心とした新ライン「BURBERRY BRIT(バーバリーブリット)」が同店限定で展開される。
 
 近年バーバリー社はノンアパレルの分野において急成長を遂げており、2009年上半期の売上は前年同期比115%、総売上に対するシェアは31%、うちハンドバッグのシェアは50%に昇り、アウターウェアと並ぶビジネスの中核にまで成長している。これをもとに、世界有数のラグジュアリー市場である日本の長期的なブランド強化戦略として、ノンアパレルを主軸としたインポートビジネスの確立、拡大を掲げている。

 この戦略に基づき、2008年11月のバーバリー・インターナショナル社の設立、 2009年の表参道路面店および百貨店へインショップの出店に続き、2010年3月および4月には全国百貨店にインショップ7店舗をオープンし、全国規模でのネットワーク構築に向けて急速に店舗網を拡大している。

 さらに4月28日には、路面第2店舗目となる「バーバリー銀座マロニエ通り」のオープンが決定。インポートのノンアパレル、クラシックなトレンチコートの品揃えに加えて、デニムやアウターを中心としたウェアの新ライン「BURBERRY BRIT(バーバリーブリット)」もマロニエ通り店限定で展開開始を予定している。

 なお、日本国内でのバッグ、革小物の企画、生産、販売に関する西川とのライセンス契約は2010年6月末を以って終了し、直輸入商品に一本化するほか、これまで全国百貨店の平場において展開していた婦人マフラー並びにスカーフの販売を本年春夏シーズンに終了し、それ以降は直営路面店ならびにインショップの品揃えの一部として集約。これによりバーバリー・インターナショナル社は、インポートビジネスをますます拡大し、ラグジュアリーノンアパレル市場への参入を本格化する。

【記事の写真をもっと見る】