ゲーム『王様物語』の開発会社が破産手続申請準備中

写真拡大

Wii専用テレビゲーム『王様物語』(発売元: マーベラスエンタテインメント)の開発を担当していた株式会社シング(福岡市中央区舞鶴)が、破産手続申請の準備中である事が判明した。

株式会社シングは『王様物語』の他にも数々の名作を開発しており、『アナザーコード 2つの記憶』や『玻璃ノ薔薇』、『川のぬし釣り』などを生み出してきた有能な開発会社である。スクウェア・エニックスの『フォトカード・パラダイス』を開発したのもシングである。

シングのスタッフの一部は、かつて破産宣告を受けたゲーム開発会社リバーヒルソフトのスタッフで、シングの代表取締役社長はリバーヒルソフトでゲームデザイン等をしていた宮川卓也氏。シングが破産手続申請をするに至った理由は不明だが、週刊ファミ通が大絶賛した『王様物語』を作り上げても破産に繋がってしまうゲーム業界は、本当に深刻な不況に陥っていると思われる。

評価される作品を作り出す力があるシング。たとえ破産したとしても、スタッフたちが今後も素晴らしい作品を作り続けてくれる事を期待したい。作り出す場は「シング」という場ではないかもしれないが、新たな地で活躍してくれることだろう。

Photo: 『王様物語』公式ブログ

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースがあります