こちらは老舗人形メーカー吉が監修した着用和紙山水二曲屏風兜床飾り

写真拡大

トイザらスは、5月5日の端午の節句にむけ、全国のトイザらス&ベビーザらス店舗において、オリジナルブランド「雅工房」の五月人形やバリエーション豊かな鯉のぼり各種を今月4日(木)より販売する。

五月人形は、一般的に3月20日頃から飾るのが良いという。これは春の始まりを告げる春分の日にあわせて飾るのが縁起が良いとされているところによる。

トイザらス、ベビーザらスでは、抱負な取り揃えにより、各家庭の予算に応じ、求めやすい価格帯の五月人形を用意。収納スペースや飾るスペースが限られた昨今の住宅環境を踏まえ、省スペースで飾れ、収納も便利な「収納飾り」や、埃や汚れから兜鎧飾りを守る「ケース飾り」も取り揃えた。

一般的な金色の兜鎧飾りのほかに、近年人気を集める洗練された色合いの燻銀(いぶしぎん)の兜飾りや実際に被ることができる着用兜、人気武将の徳川家康や伊達政宗の兜鎧飾りなど125種類以上。鯉のぼりであれば、40種類以上のバラエティー豊かな品揃えで家庭の要望に応えていく。

また、「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」では、五月人形の特集ページをオープン、オンラインストア限定商品も多数用意し、電子カタログも掲載する。

「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」 - 五月人形の特集