DS向けソフト「ラブプラス」がコミック化、講談社の5誌で順次連載へ。

写真拡大

昨年9月に発売されたニンテンドーDS向け恋愛シミュレーションゲーム「ラブプラス」(コナミデジタルエンタテインメント)。ネットでの盛り上がりはもちろんのこと、テレビ番組や一般紙でもたびたび取り上げられ、さらにユーザーの一人が「ラブプラス」のキャラクターと“結婚式”を行った際には多くの海外メディアが報じるなど、国内外で大きな話題を呼んだのは記憶に新しいところだ。そんな「ラブプラス」の新たな展開としてコミック化が決定。講談社の5誌で連載されることになった。

連載はまず、4月3日に発売される「月刊少年ライバル」の「ラブプラス Manaka Days」からスタート。その後、「別冊少年マガジン」「月刊ヤングマガジン」「マガジンイーノ」「good!アフタヌーン」の順に、それぞれ違うマンガ家による、異なるストーリーの作品を連載していく。

また、各誌の連載開始号には、「ラブプラス」のキャラクターデザインを担当したミノ☆タロー描き下ろしのポスターが付属。5誌合同のクオカードプレゼントなども行われる。

各誌の連載作品と連載開始号の発売日は次のとおり。

4月3日 月刊少年ライバル「ラブプラス Manaka Days」(画:現津みかみ)
4月9日 別冊少年マガジン「ラブプラス Rinko Days」 (画:瀬尾公治)
4月14日 月刊ヤングマガジン「ラブプラス Nene Days」 (画:九月タカアキ)
4月20日 マガジンイーノ「ラブプラス Girls Talk」 (画:櫻太助)
5月7日 good!アフタヌーン「ラブプラス カノジョの過去」 (画:若宮弘明)