先月27日、中国出身のNBAスター選手・ヤオ・ミンと妊娠中の妻・葉莉さんが定期検診のため米国へ赴いた。ヤオ・ミン選手自身のリハビリも兼ねており、米国で5月に出産を迎える構え。写真は10年1月、上海市で撮影されたヤオ・ミン夫妻。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40147">

写真拡大

2010年2月27日、中国出身のNBAスター選手・ヤオ・ミン(姚明)と妊娠中の妻の葉莉(イエ・リー)さんが、定期検診のため上海から米国へ赴いた。ヤオ・ミン選手自身のリハビリも兼ねており、米国で5月に出産を迎える構え。済南時報の1日付の報道。

2人は故郷・上海で旧正月を過ごすために帰国していたが、妻・葉莉さんが5月ごろに出産予定のため、先月27日にヒューストンへ立った。ヤオ・ミン選手は4月30日に行われる上海万博の開会式出席を打診されているが、妻の状況次第では出席を断る可能性もある。

【その他の写真】

夫妻は米国での出産を予定している。米国は出生地で国籍を決定する方針をとっているため、2人の子どもは米国籍を持つことになる。しかし、中国は二重国籍を認めていないため、そうなればどちらかの国籍を選択することとなり、米国籍を選択すれば自動的に中国籍を失ってしまう。ヤオ・ミン選手は現時点では子どもの国籍については決めていないという。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
NBAスターのヤオ・ミンがパパに!関係者が認める―中国
NBAスター「ヤオ・ミン家の店?」が賃金不払いで営業停止、実は一切関係なし―上海市
<米中戦略・経済対話>オバマ大統領、NBAヤオ・ミン選手の言葉も演説に引用―英メディア
元選手がチーム買収へ!米NBAヤオ・ミンが上海シャークスを―中国
米NBAのヤオ・ミン選手、中国代表チームメンバーからの引退を暗示―中国メディア