日本流のマネジメントを真剣に考える時期に

 企業のリストラや成果主義人事の導入が一巡し、日本経済も本格的な景気回復期に入った。

 一方で、世界的なM&Aの流れ、そして人事改革の切り札として導入した成果主義が機能しないなど、企業は新たな戦略を模索し始めている。

 これからの日本の企業の方向性について、世界最大の人事コンサルティング会社の日本法人マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング代表取締役社長の柴田励司氏に聞いた。

アメリカのマネジメントスタイルは機能せずに、早晩だめになる

ここ数年で日本企業における成果主義の制度導入は一巡しましたが、課題を抱えている企業も多いようです。

 人事の制度を変えたからといって、すぐに問題が解決されるわけではありません。いかにそれをうまく運営、運用していくかにかかっています。しかし、気をつけなくてはいけないことがいくつかあると思っています。

 まずは「欧米」という概念。コンサルティング会社も含めて、世間では「欧米では」とよく言います。昨年マーサーのグローバル・リーダーシップチームに入ったので、世界各国の人と議論することがありますが、アメリカとヨーロッパでは発想の原点がぜんぜん違うことに気づきます。欧米として“欧”と“ 米” を一括りにしてはいけない。われわれが日韓で一括りにされると「違うぞ」と...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。