人材が残らなければM&Aは失敗に終わる

 日本の大手企業同士の敵対的TOB(株式公開買い付け)が行われるなど、企業取り巻く環境は激変している。さらに今後、競争力を高めるためのM&Aが国内でも活発になることが予想される。

 こうした環境変化に対応するため、企業では変革に対応できるリーダーや社内人材が求められている。今後の改革に求められる人材像とM&Aに対する考え方を、シスコシステムズ社長の黒澤保樹氏に聞いた。

変化する時が差別化の最大のチャンス

日本でもM&Aが頻繁に行われつつあります。今後、経営の中でM&Aをどのように位置づけて、考えていったらいいでしょうか。

 最近のM&Aは日本企業の強い危機感の表れだと思います。誰かの物真似というよりは、生き残りのためにはこういうことが必要なんだ、ということでM&Aをやっているのだと思います。

 でも本当は生き残りのためではなくて、もっと差別化のためにやるとか、前向きにやることが大事なんじゃないでしょうか。

 よく“ 変化” の話しをするときに「変化に追従してやっていきます」。次に「変化を先取りして」といいます。先を読んで、きっとこういうことが起きるだろうと予想して、それを先取りしてやるということです。

 その次は、「変化を作り出す」のです。世の中は変わっていきます。どうせ変わるのだったら、自...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。