企業会計のグローバル対応が急務、会計プロフェッショナルの役割が拡大

 企業活動の多様化、国際化等に伴い、公認会計士の役割も監査の充実強化に加え、内部統制やM&A支援など業務拡大が進んでいる。また、企業内で活躍する会計士も増えつつある。

 日本公認会計士協会の木下俊男専務理事、山田治彦常務理事に、企業会計の課題と会計士の役割を聞いた。

企業会計、公認会計士を取り巻く環境について聞かせてください。

(木下氏)アメリカでのエンロン事件や日本のカネボウ事件など、近年の企業会計に関して多発した不祥事によって、監査を担当する公認会計士への社会の目は非常に厳しくなりました。

 一方、このことは、会計プロフェッショナルとしての公認会計士に対する大きな期待でもあると受け止めています。

 企業の会計情報の透明性や公正さに対して、公認会計士としての説明責任をしっかりと果たすという社会的使命を、一人ひとりの公認会計士、そして、日本公認会計士協会(以下、協会)は追求していかなければなりません。

(山田氏)公認会計士の人材不足は深刻です。監査業務の高度化、複雑化は大変なスピードで進んでいます。また、内部統制、環境会計、公会計など新しい業務領域のニーズも急速に拡大しています。

 公認会計士試験の合格者を増やしていますが、現在は、業務拡大に対して人材の供給、育成が...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。