ライブレボリューションは2000年創業のベンチャー企業。モバイルマーケティングを専門に扱う広告代理店事業を柱として急成長している。ビジネスモデルはもとより、採用戦略をはじめとするそのユニークな経営モデルは、大手企業からも一目置かれる存在となっている。

 今年の新卒採用は、応募者1万4 千人に対し内定者は7人。超難関企業となっている。採用を指揮する金子真歩取締役(写真)にその戦略を聞いた。

社員40人で年商20億円を超える

 ライブレボリューションの社員は広報、経理といった間接部門も含めて現在40人弱。主な職種は、Web デザイナーやプログラマーなどの技術職、多様なモバイルサイトの中から、顧客に合った媒体を提案するメディアプランナー、マーケティングプランを提案するアカウントプランナーがある。営業職であるアカウントプランナーは8 人ほどで、年商22〜24 億円を売り上げている。

 金子取締役は「これだけの生産性をあげている企業は少ないのではないでしょうか。少数精鋭なので、採用時には母集団となる人材をたくさん集め、その中から厳選しています」と強調する。

少量のインプットで多量のアウトプットが出せる人材

 同社が求める人材像は明確で、次の3つの要素を必要とする。まず第1に自分の夢と会社のビジョンが一致すること。第2に同社の価値観である“LR HEART”に共感していること。第3に労働生産...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。