ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下、J&J)は、74期連続で成長を続ける世界最大の「トータルヘルスケアカンパニー」だ。「分社分権化経営」という特徴的な経営スタイルと、J&Jの経営の根幹となる「クレド」(理念)に基づく採用や手厚い人材育成制度などが注目される。J&Jの採用戦略を、メディカルカンパニー人事総務本部人事部採用グループマネジャーの加藤豊氏(写真)に聞いた。

ビジネスを成功に導くための特徴的な「分社分権化経営」

 1886年、米国で創業されたJ&J は、消費者向け製品、医療機器・診断薬、医薬品の3つの事業分野を通じて、人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に貢献することをめざしている企業である。

 J&Jと言えば、救急絆創膏「バンドエイド」など、消費者向け製品の会社というイメージが強いが、実際は医家向けの医療機器・診断薬、医薬品の分野が売り上げの約8割を占めている。

  特徴的な経営スタイルのひとつとして「分社分権化経営」があげられる。「分社分権化経営」とは、ビジネスをマネジメントしやすいサイズに構成し権限を与え、それぞれのマーケットで独自の戦略でビジネスを展開していく経営スタイルである。

 日本では、1961年に事業活動をスタートさせ、ビジネスの拡大を図ってきた。現在、日本のJ&Jは社内カンパニー制度を取っており、3つのカンパニーから成り立っている。

 医療機器を中心に医家向け...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。