個を活かすダイバーシティで企業変革

 グローバル化や少子高齢化といった経営環境の変化のもと、ダイバーシティの推進に多くの企業が取り組み始めている。

 推進の現状や課題、企業業績への貢献などについて、コンサルティングサービスを提供しているマーサー ジャパンの松見純子コンサルタントに聞いた。

企業におけるダイバーシティ推進の現状・課題を教えてください

 欧米では、人種や性別等の「属性面の多様性(Profile Diversity)」が充実すれば、自ずと「個々人の思考内容の多様性(Thought Diversity)」「表明される意見・見解の多様性(Opinion Diversity)」が進みます。

 個人主義を前提とし、思っていることを口に出して意見を表明することの素地があるため、その結果として知のシナジーが発生し、組織としての成果を得やすいと言えます。

 一方、日本では「属性の多様性」と同時に、「思考内容の多様性」「意見・見解の多様性」の拡充をどのように進めるかが大きな課題です。

 少子高齢化を迎え、ようやく「属性の多様性」の女性活用に焦点が当たってきたわけですが、それを実現できたとしても、組織としての知のシナジーの発現による成果がすぐに見えるわけではないので、「何のために女性を増やすのか」を社員が納得して進めないと上手くいかないのです。

 女性の採用や管理職を増やした結果として何が起こるのかを、経営ト...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。