サブプライムローン問題に端を発した金融危機は、外資系のみならず、国内の金融機関を巻き込んだ。リストラで求職者が増える一方、求人案件は絞られている。金融業界の採用事情に詳しい人材協認定「人材紹介シニアコンサルタント」に最新事情を聞いた。

【出席者】
株式会社A・ヒューマン
取締役 吉安 乙起 氏
株式会社東京海上日動キャリアサービス
キャリアクリエーション事業部副部長 阿知波 ユミコ 氏
オリックス人材株式会社
営業部営業二課1チーム長 尾 淳也 氏
司会/本紙編集長 吉越 利成

増える求職者と細る求人案件

司会
 米国発の金融危機の影響で、日本の金融業界も激しく変化していると思います。景況も急速に悪化していますが、人材採用の状況はどう推移してきているのでしょうか。

吉安
 今回の金融危機は海外のサブプライムローンの問題が発端だったので、当初は日本の金融機関には大きな影響が及ばず、外資系にとどまるものと思っていました。しかし、影響は全世界に連鎖し、国内の大手銀行、証券、保険各社も巻き込まれていますね。
A・ヒューマン吉安乙起氏
 このように経済状況が悪化すると、真っ先に採用経費がカットされる。現在、中途採用は軒並み絞られている状況です。今ではリスト...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。