近鉄エクスプレス(以下KWE)は、海外30カ国・188都市にある45のグループ企業が299拠点を展開し、高品質のサービスを提供する国際総合物流会社だ。

 同社の人材には、過酷な国際競争に勝ち抜くためにも、多様な価値観を有する各国のナショナルスタッフに同社の経営戦略を浸透させる責務がある。そのような責務を完遂できる人材の採用や育成について人事部長の加瀬俊幸氏(写真)に聞いた。

「21世紀KWE グランドデザイン」

 国際経済のめまぐるしい変化に直面する国際物流業界。KWEは、その変化に柔軟かつスピーディーに対応するべく、日本、米州、欧州・アフリカ、東南アジア・中近東、東アジア・オセアニアの「世界五極体制」を敷き、299拠点によるグローバルネットワークを展開している。

 そして、“10年後のありたい姿”を描いた「21世紀KWEグランドデザイン」を策定、同社経営戦略の根幹としている。

 これにより、2011年度に売上高5000億円の達成を目標に掲げるとともに、環太平洋地域で「トランス・パシフィック・リーダー」というブランド価値の確立を目指す。

 「21世紀KWEグランドデザイン」には、ビジョン・基本精神に加え、フォワーディング事業(航空)、ロジスティクス事業、海上事業、および中国等成長市場における戦略の基本方針、経営インフラとしての人材育成・顧客ニーズに応える仕組みづくり、そしてIT基盤の強化などが含まれる。



もっと読む)


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。