アクセンチュアは、世界49カ国150都市以上に拠点を持ち、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業である。

 アクセンチュアの仕事の進め方とはどんなものなのか、アクセンチュアではどのような人材が求められているのか。人材採用部マネジャーの瀧澤明良氏(写真)に聞いた。

コンサルティング、テクノロジー、アウトソーシングで顧客支援

 企業変革のために必要なサービスを一社で提供できるのがアクセンチュアの強みだ。経済誌「フォーチュン」が選んだ世界トップ企業500社の3分の2の企業が同社の顧客であり、世界25カ国以上の政府機関にビジネスパートナーとして選ばれている。

 ビジネスウィーク誌の「最も価値あるグローバルブランド」においても、毎年100位以内にランクされている。また、主要な顧客100 社のうち、95%以上とは5年、約80%とは10年を超える中長期の契約による関係を築いている。日本では20年に渡って実績を積み重ね、国内の各業界を代表する大手企業の経営革新を支えてきた。

 なぜ同社は、日本の代表的な企業からビジネスパートナーとして選ばれるのか。

 「企業変革のための根本となる経営・事業戦略の立案、それを実行していくビジネスやITの仕組みづくり、提供したソリューションを運用するアウトソーシングまでを、ワン・グローバル・ネットワークで担っています。...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。