日本オラクルは、米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立された。2000年4月に東証一部に上場し、07年には、ソフトウエア専業の上場企業としてはじめて売上高1000億円を達成している。

 国内のソフトウエア分野ではトップの実績を誇る同社の新卒採用と求める人物像について、人事本部採用企画部の鈴木宏彦ディレクター(写真)に聞いた。


ITを総合的に提案するグローバルカンパニー

 日本オラクルは、もともとミドルウエア(データベース管理ソフト)に強い会社と言われてきた。近年の米国本社による買収戦略も功を奏し、今ではITを総合的に提案する企業へ変貌を遂げてきている。

 カバーしている産業分野は通信、製造、金融、流通、医療と幅広く、あらゆる企業を対象に情報システム構築のためのソフトウエア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育などの事業を展開している。

 特徴的なのは、外資系企業でありながら、東京証券取引所に上場していることだろう。同社の創業期の経営陣が「外資系であっても、日本に根づいたグローバルカンパニーをめざしたい」と考えたからだ。

 世界中のIT 技術を日本に集約して活用できるよう、日本から世界を相手にビジネスを展開する顧客企業のために役立ちたいという思いがあったという。



新卒採用で求める3つの条件

 トータルソリューシ...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。