世界不況の影響を受けつつも、リスクの大きい新薬開発や高度化する医療技術に対応していくため、グローバルレベルの再編や人材獲得によって競争力強化を図る動きが予測されるメディカル業界。業界の採用事情に詳しい人材コンサルタントに最新事情を聞いた。

【出席者】
株式会社A・ヒューマン
メディカル部 コンサルタント 山本 俊輔 氏
株式会社メディカル・プラネット
キャリコンサルティング第2部 製薬・医療系企業担当マネージャー
木下 和美 氏
司会/本紙編集長 吉越 利成

新薬のパイプラインを求めてM&A
再編や企業戦略の動きをつかんだ紹介が成果

司会
 世界的な不況はメディカル業界の中途採用にどのような影響が出ていますか。

山本
 景気悪化の波は受けていますが、日本の製薬企業の収益はそれほど悪化しているわけではなく、一部には年率10〜20%成長という企業もあります。

 大手企業は、新薬のパイプライン、ビジネスモデルや人材を手に入れるために、海外のバイオベンチャーをM&Aする動きがあり、将来的には事業拡大に伴う中途採用の需要は拡がると見ています。

 外資系の製薬企業は、グローバルな景気悪化の影響で業績悪化懸念が強く、採用凍結になっている企業が多いですね。再編が進行していますので、日本拠点の求人にどのような影響があるのか注目しています。
もっと読む)


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。