新たな市場を求め中国進出が加速、日本市場は中長期的にも低迷期に

 景気が思うように回復しない中、中国が新マーケットとして脚光を浴びている。

 今回の金融危機で輸出産業を中心に大打撃を受けた日本経済だが、人口が減少していくことから、日本市場は中長期的にも縮小傾向にあることは明白だ。これまでもコスト削減のために中国進出は行われてきたが、いま進出を考えている日本企業には、それだけではない理由があるようだ。

 中国進出企業の実情と人材マネジメントの課題を、世界最大の人事コンサルティング会社日本法人、マーサー ジャパンの寺田弘志シニア・コンサルタントに聞いた。

いま中国がなぜ注目され、進出を考える企業が増えてきているのでしょうか

 日本企業の中国進出には二つの流れがあります。一つは、コスト最適化の観点から国内の機能を海外に移転するというものです。こうした流れは今後も引き続き起こってきます。

 国内市場の成熟化の中で、収益性の強化は引き続き重要な課題であり、海外の方がより同じ品質でコストが安いということになれば、経済原則として海外移転は継続していくでしょう。

 そして、いま起きていることは、中国自体がモノづくりの一生産拠点から、購買力が高まった巨大なマーケットへと変遷を遂げているということです。日本の市場が、輸出依存型の市場の縮小や人口減により回...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。