パリに本社を置くサノフィ・アベンティスは、世界100カ国以上に10万人の社員を擁し、革新的な医薬品とワクチンで人々の「クオリティ・オブ・ライフ」の向上に取り組むグローバルな製薬企業だ。その特徴の一つは、数々の経営統合の歴史を経ていること。日本においても20社以上の統合を経て、現在に至っている。

 多様なバックグラウンドを持つ社員が集まる同社では、どのような人材戦略を執っているのだろうか。片岡徳祐人事本部ラメゾン推進統括部長兼人間力・組織力開発部長(写真左)と、平嶋章彦人間力・組織力開発部採用グループマネジャー(写真右)に聞いた。

会社と社員の相互成長を目指す「La Maison(ラ・メゾン)」

 グローバルでの主な統合の歴史を見ると、1999年にフランスのサノフィ社とサンテラボ社が統合しサノフィ・サンテラボ社が、同じく99年にドイツのヘキスト社とフランスのローヌ・プーラン社が統合しアベンティス社が、それぞれ設立された。その両社が2004年に統合しサノフィ・アベンティスが誕生した。

 一連の経営統合を受け同社は、06年1月に現在の日本法人として事業を開始。数々の合併・統合をくり返しながら日本独自の自主性を保ったグローバル企業に成長してきた。

 様々な企業文化を持つ社員が活躍しているが、そのマインドセットを揃えることを可能にしているのが「La Maison(ラ・メゾン)」という基本...(もっと読む

人材採用担当者の2010年の目標は「質の高い採用」と「リーダー育成」(2010-01-06)
マイクロソフト、学生の就活支援プログラム開始(2009-11-18)
若手社員が先輩にしたい有名人1位は!!(2009-08-26)

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。