グローバル化の進展とともに日本のビジネスリーダーのスペックは変容している。本社の主要部門を経験し、確固とした社内人脈を築くことが条件ではなくなった。

 むしろ、外様に配置されても、積極果敢に厳しい現場で「切った張った」を演じてきた人材が、企業を次なるフェーズへの進化や、経営危機の救済に貢献する人材として求められている。(取材・文 クロイワ正一)

変革期に生まれたビジネスリーダー

 バブル崩壊後の日本経済は「失われた十年」と評された。しかし、そうした変革期だからこそ、歴史に残る経営革新、そしてそれを率いた経営者が生まれた。

 奥田碩トヨタ自動車相談役は、次世代を考慮したハイブリッドカーの開発など、積極的な商品開発、市場開拓に臨み、国内外のシェアの拡大を実現した。御手洗冨士夫キヤノン会長は、事業部門の選択と集中を徹底し、セル方式による生産システムを整備するなど、効率的な経営を実現した。

 丹羽宇一郎伊藤忠商事会長は、巨額の赤字を抱えながらも、大胆な経営刷新によって巨大商社を再生させた。鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス会長は、コンビニエンスストアを日本に持ち込み、米国の本家を飲み込んでしまった。

 中村邦夫パナソニック会長は、「破壊と創造」のスローガンを掲げ、Panasonic とNational という二つのブランドの統合に着手するなど、肥大化した組織を合理的かつ効率的な経営へ...(もっと読む


日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。