アラサー女性の3人に1人が今年中に転職したい!?――こんな傾向が、トレンダーズ(東京都渋谷区)が、25〜35歳の働く女性500人に対し、2009年12月22日〜23日に行った「転職」に関する意識調査で分かった。

 現在の仕事に対して「今の仕事に不満はありますか?」と聞いたところ、93%が「不満がある」と回答。そのうち、59%は「転職したい」と答えた。

 さらに、約2割(19%)は「今すぐにでも転職したい」と答えている。また、「2010年の間に『転職したい』と思いますか?」という質問には、34%が「転職したい」と転職願望を示し、働くアラサー女性の3人に1人が「今年中に転職したい」と考えていることが分かった。

 転職したい理由には、「少しでも給料がいい仕事がしたいから(35歳・経理)」「スキルアップしたいから(26歳・メーカー)」「今の会社に将来性を感じないから(27歳・通信会社)」「直属の上司があまりに理不尽だから(27歳・メーカー)」といった意見が上がっている。

 百年に一度の不況で、スキルのない人の再就職は困難を極めているのが実情だが、アラサー女性の仕事選びへの意欲は一向に衰えを知らないようだ。

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。