「フリーターから正社員になった5人に1人はアルバイトからの登用であることが、求人情報サービスを運営するインテリジェンスの調査で分かった。2009年中にフリーターから正社員になった、現在就業中の100人を対象に、就職活動に関する実態調査を12月に実施し、このほど取りまとめた。

 社員になった方法について聞いた質問では、「求人に応募して面接を経て」が62.0%で最も多く、次いで「バイトから社員登用で」(17.0%)、「紹介予定派遣から」(5.0%)と続いている。

 「バイトから社員登用」された人の正社員になるまでのアルバイト期間は、「1年以上」が70.6%で最多、次いで「1ヵ月未満」(17.6%)、「3カ月以上〜半年未満」(5.9%)、「半年以上〜1年未満」(5.9%)と続いており、7割以上が1年以上のアルバイト期間を経て社員になっている傾向が明らかになった。

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。