2010年1月のアルバイト・パートの3大都市圏の平均時給が、5カ月連続で前年同期を下回ったことがリクルートが運営する媒体の集計調査で分かった。

 三大都市圏(首都圏・関西・東海)の平均時給は944円だった。1月の平均時給は、前月の955円を11円下回っている。

 また、前年同月は949円でマイナス0.5%となり、5カ月連続で前年同月を下回った。また、全体の平均時給はマイナスだが関西は、前年同月比でプラスとなっている。

フリーターから正社員、5人に1人はアルバイトから登用(2010-01-27)
派遣社員の約6割がダブルワーク経験者!?(2010-01-13)
アルバイト・パート時給の下落が止まらず、前年比のマイナス幅が拡大(2009-12-22)

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。