Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 2010年3月17日〜18日の2日間、六本木・グランドハイアット東京にて「weareurope'10」が開催され、両日で約500人が来場した。「weareurope(ウェアヨーロッパ)」とは、EU17か国から集まったファッション関連企業が一堂に会し、日本のバイヤーやファッション関連業界に向けて、開催される大規模な展示商談会だ。今回も欧州連合(EU)のサポートを受けた38組の新進気鋭デザイナーが東京に一挙集結。開催2日目にあたる18日には、数ブランドが各3ルックずつのミニファッションショーを行いイベントを盛り上げた。

 「weareurope'10」は、実際に商品を試すことで、そのデザインと質の高さを実感でき、ヨーロッパのデザイナーたちとも実際にコミュニケーションをとれる類稀な機会。新たな可能性を秘めたデザイナー達からは、日本市場参入への強い意志が感じられた。今回は各ブランドとも2010−11'秋冬シーズンを提案し、新鮮かつ多彩なクリエイションを披露。日本未展開のブランドがほとんどな為、ニューカマー発掘にはもってこいの場所である。


 ここでは、Fashionsnap.comが注目する、新進気鋭5ブランドをご紹介!!


1.CarolynMassey(キャロリン マッセイ)United Kingdom

 イギリス発、デザイナーCarolynMassey(キャロリン マッセイ)氏によるメンズを取り扱うブランドで、日本ではオープニング・セレモニーにて展開がある。パリのメンズ・ファッションウィークに参加し、easternBlockショールームにて展示を行っている。今回でコレクション7シーズン目に突入するにあたり、新たに5つ目のデフュージョンライン「Carolyn Massey for Topman」を誕生させた。2010'AWのテーマは「ミリタリー」で、進化系ミリタリーを独自の解釈で取り入れたコレクションだ。使用された淡いピンクや、グレーは前回の来日時に東京で見た朝日からインスピレーションを受けたもの。素材に化学繊維は使用しない信念のもと服作りをしている彼女は、これまでにも日本で様々なメディアにフューチャーされている。

www.carolynmassey.com


2.migh-T by Kumiko Watari(マイ・ティー By クミコ ワタリ)United Kingdom

 イギリス発、大阪出身のデザイナーKumiko Watari(ワタリ クミコ)氏による、レディースウェア等を取り扱うブランド。2010'AWのテーマは「宇宙のお菓子」で、カップケーキをモチーフにしたニット帽や、ホイップクリームの流星、惑星と巨大なドーナツが飛び回る宇宙のプリントアイテムなど、ユニークなコレクションを展開。開くとドーナツ型になるケープには、Watari氏独自のポップな世界観が表現されている。また、自身が手掛けたイラストはとても繊細なタッチで描かれており、ディスプレイやプリントに活躍中。日本での展示会は今回が初めてとのこと。

www.kumikowatari.com


3.OSMAN(オスマン)United Kingdom

 イギリス発、デザイナーOsman Yousefzada(オスマン ヨセフザダ)氏によるレディースウェア等を取り扱うブランド。「異文化の融合」をコンセプトに"進化系モダン"を提案、テキスタイルに凝ったウェアが目を引いた。ドレープ入りのブラウスや、2・3WAYの単色ジャージドレスなど、彫刻的なウェアはどれも美しいライン。意外にカジュアルウェアとの相性が良い印象もあった。気さくに話しかけてくれるデザイナーのオスマン氏はショップ調査にとても意欲的で、日本の市場を勉強中だと熱心に語っていた。

www.osmanyousefzada.com


4.Simeon Farrar(シメオン フェラー)United Kingdom

 イギリス発、デザイナーSimeon Farrar(シメオン フェラー)氏によるレディース、メンズウェアを扱うブランド。日本でも既に伊勢丹やジャーナルスタンダードで取り扱いがある。画家としての経歴を持つ同氏は、ファッションデザイナーというよりもアーティストとしてコレクションに臨んでいる。毎シーズンロマンティックなコレクションを提案し、美術作品としての服作りという点を意識したハンドプリント、手染め、手描きなど幅広い手法を使う。2010'AWのテーマは「不思議の国」。ウサギやトランプモチーフのアイテムを提案し、ユニークな装飾方法を用いている。「東京は本当にエキサイティング。他の都市には無いものがあり、若者のインディビジュアルなスタイルが大好きだ。」と自身は語る。

www.simeonfarrar.com


5.CG(シー ジー)

 オランダ発、Conny Groenewegen(コニー・フル−エネーフェン)氏によるレディースウェア、アクセサリーを取り扱うブランド。ニット、プリント、レザー布帛素材などを使用したアイテムが多く、地元のセレクトショップでは既に有名。素材を徹底的に調べ尽くすことによるディテールへのこだわりは、彼女のデザインの鍵である。インスピレーションの源はアート、モダンなライフスタイル、そして伝統工芸と最新デジタル技術の融合だ。今シーズンは、グリーンやグレーにオレンジを差し込んだウェアを展開。レザーをレース状にしたデコラティブなブレスや、ショートグローブなどアクセサリーも細部にこだわりの見えるものばかりであった。

http://www.connygroenewegen.nl/
 

【記事の写真をもっと見る】