「ビジネスマン、3人に1人は『仕事中に居眠り』」経験」「居眠り回数、平均『15回』、最高『200回』」という結果が、20〜39歳の仕事を持つ男女500人(男250人、女250人、調査期間2010年2月4日〜5日)への調査で分かった。この調査は、クラシエフーズ(東京都港区)が、大人向けフルーツミント『フリスク オレンジミント』の全国発売にあたり、「仕事中の眠気に関する実態調査」を実施したもの。

「仕事中に眠たくなることはありますか?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は、77%。中でも約3割(28%)が「よくある」と答える結果となった。仕事中に眠たくなる時については、「昼食をとった後」が最も多く74%。そして、「デスクでの仕事中」(56%)、「社内の会議中」(28%)、「残業している時」(12%)、「午前中」(11%)と続き、「取引先との打ち合わせ中」(3%)と答えた人もいた。

実際に眠ってしまった経験がある人はどれくらいいるのだろうか。「ある」と答えた人は32%。何と、3人に1人は、仕事中に眠ってしまった経験があるようだ。ちなみに、眠ってしまった回数は、平均15回であった。

具体的に眠ってしまったエピソードだが、「受付で眠っていたら、お客様に『ワッ!』と起こされてしまった」(34歳・女性)、「締め切り日に間に合っていないにも関わらず、書類を書きながら寝ていたら、上司に椅子を蹴られてひどく怒られた」(31歳・男性)、「眠っていたことが上司にばれ、最終的に社長にもばれた」(29歳・女性)と、いずれも手痛い失敗となっているようだ。

ビジネスマンの「眠気」対策だが、飲むもの、食べるものについて聞いたところ、「コーヒー」が約6割(59%)を占め、もっともメジャーな眠気覚ましになっている。次いで、「ガム」(38%)、「ミントタブレット」(24%)と続く。具体的に食べるミントタブレットの商品では、1番人気が「フリスク」(70%)という結果に、同社では、「ビジネスマンの大敵とも言える『仕事中の眠気』、フリスクはデキるビジネスマンの強い味方」と宣言している。

【インタビュー】ジョンソン・エンド・ジョンソン〜採用の根幹はクレドへの共感とリーダーシップ

【インタビュー】ライブレボリューション〜1万4千人が応募、内定者7人の厳選採用
【インタビュー】日本オラクル〜積極的な新卒採用で、日本に根付くグローバルカンパニーへ
【インタビュー】アクセンチュア〜自らアクションを起こすセルフスターターの採用に注力
【インタビュー】近鉄エクスプレス〜グローバルネットワークを支える現場力とメンタルタフネス
【インタビュー】富士通〜育成と対話を基本方針として、多様なインターンシッププログラム展開
【インタビュー】サノフィ・アベンティス〜“自ら育つ”“挑戦する”ことができる「人財」を採用
【インタビュー】日本エーエム〜印刷機器からLEDに業態転換、若い人材に新たな未来を託す
【インタビュー】日本GE〜全世界共通の価値観・行動規範「GEグロースバリュー」で成長を志向
【特集】新卒採用活動の課題と新たな動き