バンダイナムコゲームスはニンテンドーDS用ソフト『行列のできる法律相談所』を2月25日に発売する。最近、本家の番組内に法律関係の内容が少ないと嘆く人は、このソフトで不満を発散させよう。

本作はテレビ番組「行列のできる法律相談所」を題材としたソフトで、司会の島田紳助や松本志のぶ、さらにお決まりのメンバーの東野幸治や磯野貴理といった面々もそっくりなイラストと、本人達のボイスで登場する。番組を再現した「法律相談モード」では、再現ドラマが流された後の紳助と出演者のトーク、弁護士の見解、そして面々によるジャッジが行われる様は、まさに番組そのものとも言える。この他にも「法律相談モード」中にミニゲームが発生するのだが、そのミニゲームがいつでも遊べる「ミニゲームモード」や、相談案件をジャンルごとに閲覧できる「相談案件閲覧モード」が用意されている。

番組の方は「最近法律が関係ない」などと言われており、純粋に法律関係を勉強したい人にとっては不満のある内容となっている。そういう人にとってはまさにうってつけのソフトと言えるだろう。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
エビテン限定『RPGツクールDS いっちょツクールかっ!セット』発売。
『イース フェルガナの誓い』特典にあのサントラが付いてくる。
課題が山積み? 決して楽観視はできないMMORPG
追加要素に多くの不満。ドラクエ?は期待に応えられなかったのか。
『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』発売!
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参照】
公式サイト