2010年1月のアルバイト・パートの3大都市圏の平均時給が、5カ月連続で前年同期を下回ったことがリクルートが運営する媒体の集計調査で分かった。

三大都市圏(首都圏・関西・東海)の平均時給は944円だった。1月の平均時給は、前月の955円を11円下回っている。また、前年同月は949円でマイナス0.5%となり、5カ月連続で前年同月を下回った。また、全体の平均時給はマイナスだが関西は、前年同月比でプラスとなっている。

◆関連ニュース

政府が新規成長分野の就職面接会を初めて実施

就活学生のエントリー社数、すでに前年の4月時点に匹敵!
就活生に人気の「商社」「金融」 早めの志望業界の変更が得策か!?
大学生の内定率が過去最低の73.1%、前年比7.4ポイント減
【インタビュー】日本オラクル〜積極的な新卒採用で、日本に根付くグローバルカンパニーへ
【特集】新卒採用活動の課題と新たな動き