100218janspi.jpg

みなさんは、バレンタインデーに起こった新月へ、どのような願いごとをされたのでしょうか。

私は今回、仕事面とプライベート面で絶対に叶えたい夢があったので、しっかりとそのふたつをお願いしましたよ!

さて、新月を過ぎたら、次なる月の大きなイベントは満月です。満月は新月にした願い事を振り返る日とも言われています。

次回の満月は3月1日(月)に起こります。ジャン・スピラーさんの『神秘の力で願い事をかなえる! 新月への願い事』のなかで、3月1日(月)に起こる満月について、以下のように説明されています。

「この満月は乙女座で起きるため、この時期は誰もが普段より厳しい批判の目を他人に向ける傾向があります。あなたもまた、まわりの人々がどれほど不完全で、至らない点をたくさん抱えているかが細部にわたり見えてしまいます。

同時に自分に対するダメ出しも起こり、欠点がたくさん見つかるかもしれません。そうなるとフラストレーションが生まれ、人間関係もギクシャクしてくるので、この時期はあえて"問題点"より"うまくいっている点"、"短所"より"長所"に目を向けるように努力してください。

乙女座の満月は、魚座に入っている太陽と対峙(たいじ)して緊張関係をつくります。このためこの時期に人々は、自分のシナリオどおりに事が運ばないとき、感情的に反応するという傾向をもつのです。相手の気持ちを受け止めたうえで、冷静な判断を促しましょう」

なんだか、不穏な気配です......。しかも私の新月への願いがもしも叶ったとしたら、それからまたひと悶着あることは今からでもわかっているので、ジャン・スピラーさんのご指摘を、思わず身が引き締まる思いで読んでしまいました。


しかし、「この時期はこのような摩擦が起こりやすい」とあらかじめわかっていれば、リスクヘッジもしやすいということでもあります。

もし満月あたりに誰かに対して、または進めている仕事に対してストレスがたまりそうになった時、ネガティブスパイラルに陥る前に「だめだめ。良い所を探さなくちゃ」と思考回路の修正ができそうですよね。

新月に願ったことを実現するために、満月の日にクリアするべき問題を見つけるのも、願い事を本気で叶えるために必要なことなのかもしれません。

そして同時に、お財布フリフリも忘れずに!(笑)。3月1日(月)は「願い事を冷静に振り返り」つつ、「お財布をフリフリ」。これをやったら、恐いものなしですよ!


ジャン・スピラーの魂を知る占い[Woman.exite占い]

(福島はるみ)