六本木の路上で暴力沙汰を起こし、角界を引退した朝青龍。注目されるその後の進路だが、どうやら本人は本格的な芸能界入りを目論んでいるようだ。芸能プロ関係者が明かす。

「実は、朝青龍のバックには芸能プロ『イエローキャブ』の実質的なオーナーであるX氏がいるんです。今回の朝青龍の示談にも、X氏が一役買っていたようですね」

 巨乳タレント軍団で知られるイエローキャブ。まさか、朝青龍の"巨乳"に触手を伸ばしたというわけではなさそうだが......。

「X氏が、今回の暴行事件を丸く治めたことで朝青龍のマネジメント権を獲得したかたちになったようですね。あまり知られていませんが、X氏は裏社会にも精通している人物です。その一方で、今年の音事協の新春パーティーでは、中川秀直元自民党幹事長などと一緒にいるところが目撃されており、永田町とも強いパイプがあるところを見せ付けています」(前同)

 さらに、朝青龍を強気にさせているのが、X氏と近い関係にある"芸能界のドン"の存在なのだという。

「X氏と"ドン"と呼ばれる大手芸能プロ・グループの会長とは昵懇の仲なので、マネジメントはX氏が行い、テレビ局へのブッキングなどは会長の大手プロが仕切るのではないか、と言われています。朝青龍からすると、この2人が裏に控えていれば"鬼に金棒"といったところでしょうね」(芸能事情通)

 しかし、その一方で不穏な話もないわけではない。

「現在のX氏は、不況も手伝い、かなり金銭的に苦しい一面もあるそうですよ。実はイエローキャブのオーナーも、昨年降りていたと言う話があるぐらいです。朝青龍を本当にマネジメントできるのか、心配の声が挙がっていますよ」(前同)

 一方、大手芸能プロ・グループの会長は、「今年のグループの新年会に広域暴力団の現役幹部が出席していたと一部週刊誌にスッパ抜かれたこともあり、周囲が賑やかになっているんですよ。朝青龍のようなトラブルを抱える人物に本当に協力するのか、はなはだ疑問ですよ」(同)

 さらには、ある大物芸能人の存在も、朝青龍の芸能界入りに待ったをかけそうだという。

「和田アキ子ですよ。アッコといえば以前、四谷の寿司屋で朝青龍とたまたま鉢合わせ、朝青龍の態度の悪さにブチ切れた過去がある。朝青龍の顔は当然覚えていますし、アッコと一緒に番組出演するのはNG。冠番組を持っていて各テレビ局のトップに顔の利くアッコの存在と意向を無視するわけにはいきませんからね。間違いなくアッコは朝青龍のことを嫌がっていますから」(事情通)

 どうやら、朝青龍の芸能活動は、本人がまさに、"一人相撲で上手く行く"と思っているだけで、まだまだ厚い壁が立ちはだかっていそうだ。



【関連記事】 「インタビュー300万円!?」ハワイ豪遊中の朝青龍からマスコミに仰天オファー
【関連記事】 捜査逃れ!? ハワイに高飛びした朝青龍と「引退させた」黒幕の知られざる意向
【関連記事】 相撲協会と警視庁の癒着も!? 麻布署が朝青龍を現行犯逮捕しなかった裏事情
【関連記事】 「押尾、のりピー、細木数子......」朝青龍暴行事件 被害者Kからつながる闇人脈
【関連記事】 朝青龍暴行事件 被害者の"意外"な素顔と復活した"視聴率女王"って!?