Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 東京・原宿の一等地に、2010年2月19日、新たに日本発のSPA(製造小売業)ブランド「I.T'.S. international(イッツ インターナショナル)」の第1号店がグランドオープンする。アパレル企画のフランドル、糸の専門家 帝人ファイバーとクラボウ、ニットの専門家 フェニックス香港、そして流通のプロフェッショナル 住金物産とNI帝人商事の6社が強力タッグを組み、上質かつ手頃な価格の究極のベーシック服を追求する。

 新会社 I.T'.S.インターナショナルは、アパレル・商社・メーカーのそれぞれのスペシャリストである6つ会社のノウハウと人材を結集し、本格・上質の製品を値頃感のある納得価格で提供する、日本発信の全く新しいファッションブランドとして始動した。日本の美意識や匠の技を最大限に活用し、ベーシックなアイテムを中心に、ウィメンズ、メンズ、キッズ、雑貨を展開する。

 初出店となる「I.T'.S. international」原宿店は、明治神宮交差点近くの明治通り沿いに位置する363平方メートルの路面店で、開放的でスタイリッシュな空間にフルラインを取り揃える。日本の美意識や匠の技を最大限に生かした商品は、大人の男女をメインターゲットに、20〜50歳代の幅広い客層へ向けて提供。ぬくもりある丁寧なものづくりを背景に、肌触りや着心地を重視して豊富なカラーとサイズのバリエーションを揃えつつ、トレンドデザインを程よく取り入れた。

 代表的商品として、"ギザ45" のカットソーが3,045円、"スーピマ綿" のポロシャツが5,145円〜、Yシャツが7,245円〜、"FF30ゲージ" のVネックニットが8,295円、"J-ファイバー"のテーラードジャケットが15,540円、製品染めのハイレイクコートが19,950円。中心価格は、アウター:9,800円〜19,000円、ジャケット:7,900円〜16,800円、ニット:4,900円〜8,900円、カットソー:1,900円〜5,900円、雑貨:3,900円〜7,900円と、グレードの高い素材や縫製にこだわりつつも、市場価格のおよそ3分の一の水準を実現した。

 アパレル・商社・メーカーの三位一体の強みを生かした究極の服づくりを実現する新業態「I.T'.S. international」。良質なものを適正価格で提供するコストパフォーマンスの高さを武器に "本当に着たい服" を提供し、原宿の地で新たな市場を創出する。

 今後は、2010年2月19日オープンの原宿店を皮切りに、3月4日に池袋東武、4月末〜5月頭には代官山へ続々と出店を予定。初年度5店舗、5年間でおよそ50店舗の出店を計画している。


■I.T'.S. international 原宿店
 住所:東京都渋谷区神宮前4の31の10 YMスクエア1F
 オープン日:2010年2月19日(金)
 営業時間:11:00〜20:00
 取扱いアイテム:婦人服、紳士服、婦人子供服、雑貨

【記事の写真をもっと見る】