小学生の時に運動会で「誰か一人が手を抜いたら、みんなだめになる」なんて先生に言われ、手を抜いて参加したものの結局結果はいつもと同じで「別に自分がやらなくても変わらないじゃん」って、ちょっと切なくなったこと。大人になればなったで、会社で「お前の代わりなんていくらでもいるんだ」なんて上司に怒鳴られて、腹立つなぁと思いつつもどこかで「そりゃそうだよな」なんて思ってしまったこと。

 自分の存在価値って考えたくないけど、人間ですから考えてしまいますよね。でも、考えれば考えるほど迷路に入っていってしまい、だからと言って誰かに相談したところで「大丈夫、私はあなたを必要としているから」なんてありきたりな言葉をかけられても、正直すっとせず・・・。

 そんな風に悩んでしまった時におすすめなのが『悩んだときに元気が出るスヌーピー』。スヌーピーとその仲間たちが、目からウロコ的なやりとりで解決してくれます。

 「なんで私たちはここにいるのか」。チャーリーブ・ラウンの妹サリーが学校でそんな宿題を出され悩んだあげく、兄のチャーリー・ブラウンに相談しました。普通ならそんな質問をされたら返答に困るところでも、彼はソファーに座ってテレビを見たままこう言います。
 
 「分かりっこないだろう?」。

 ここまであっさり言われてしまうと、一瞬びっくりしますが「よかった、思ったより簡単だったわ」とサリーもあっさり引き下がるのです。

 そんなやり取りが続く本書。「問題から目をそらしたり、だらだらしながらなんとなく忘れたり、目の前のほかのできごとに夢中になってしまったりしながら『まぁ、いいか』と肩の力を抜く、そんな解決方法があったっていいのだ」と本書のエピーソード選出者の香山リカさんは言います。

 この本を読むと本当にそんな気持ちになるから不思議です。だってスヌーピー、「あなたはどうでもいい存在よ」ってキツイ一言をお見舞いされても「じゃぁ、いずれにせよもう一眠りしよう」って、スヤスヤ。

 このスヌーピーのセンスを見習いたいものです。



『悩んだときに元気が出るスヌーピー 』
 著者:チャールズ M. シュルツ
 出版社:祥伝社
 価格:819円
 >>表紙画像つきの記事を見る


■関連記事
カラスは漢字も読める〜『なぜ飼い犬に手をかまれるのか 』(2010年1月9日01:03)
記憶はこうしてねつ造される!〜『記憶はウソをつく 』(2009年12月28日04:29)
ミシュランお断りのすごい居酒屋〜『東京 大人の居酒屋』(2009年12月3日17:04)


■配信元
・WEB本の通信社(WEB本の雑誌)→記事一覧