Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 「KOSE(コーセー)」 は、2010年2月22日 (月)より日本初の「adidas(アディダス)」のメンズケアシリーズ「adidas skin protection (アディダス スキン プロ テクション)」を発売する。これを記念して17日に表参道ヒルズで行われた発表会では、なんと50人もの中村俊輔選手が会場に駆けつけ、新商品をアピールした。

 「adidas skin protection」は、最高の肌コンディションを提供する"アスリート発想"のメンズスキンケアシリーズ。コーセーは、日本男性のライフスタイルや嗜好に合わせたオリジナル製品として開発を行った。すべての商品においてアスリートテストを行い、効果、機能、香り、使い心地などを含め最高のコンディションの製品が完成。ブランドを指示する人やアスリートだけでなく、部活動やジムなどのスポーツ後や、アクティブな日常まで、幅広く活躍できるトータルケア製品だ。制汗剤5種をはじめ、洗顔料やボディローション 、スカル プトニックまでトータルケアが期待できる7品目全16品種がラインナップする。

 イメージキャラクターには、"アスリート発想"のメンズケア製品ということから、世界を舞台に活躍し、日本サッカー界を牽引し続ける中村俊輔選手と、若手で実力、人気ともに急上昇中の内田篤人選手を起用。発表会では、なんと50人の中村選手が登場!会場を驚かせるパフォーマンスの中、ビデオメッセージで登場した本物の中村選手は、「本日は多くの僕が代わりに会場に現れていると思いますので、(会場に行けないことを)許して下さい。」と笑いを交えながらも「今日は自分にとっても待ちに待った発表会です。僕が一番気に入ってるのはデオドランドスプレー。その日の気分で好きな香りを選んで使用でき、その香りもいいので、遠征にも持っていきたいと思っています!」と話した。

 また、 ターゲットである10代後半から30代の男性には欠かせないコミュニケーションツールであるモバイル(携帯電話)での展開として、オリジナルのPKゲーム「MOBILE PK BATTLE(モバイル バトル)」を開設。会場では、元サッカー選手で、日本のサッカー界を語る上では今なお存在感の強いラモス瑠偉さんと北澤 豪さんが登場し、実際にPKゲームで対戦する場面も披露された。
 
 近年、男性の健康や身だしなみなど、セルフケア意識が高まっており、化粧品業界のメンズ市場は年々拡大、今後の成長も大きく期待できる分野となっている。コーセーでは 2009年11 月にアメリカの化粧品会社Coty Inc.(コティ社)とアディダス パーソナルケア製品の日本における輸入・製造販売に関するライセンス契約を締結し、これにより「adidas skin protection」の日本発売が実現となった。
 
 メンズ化粧品市場では初の商品を打ち出すこととなる、コーセーの小林 一俊社長は「日本ではメンズ化粧品はまだまだ普及していない。商品展開等、保守的にも感じるが、今回のスポーツシーンに特化したアディダスとのコラボレーションにより、新たな需要をつくっていきたい。」と語った。商品キャッチコピーでもある「最強の肌を、身にまとえ。」のフレーズを思い起こさせるような、コーセーのメンズ化粧品業界参入への"意欲"と"攻め"の姿勢が伺えた。


■「adidas skin protection」
 2010年2月22日(月)発売 7品目全16品種(税込み198円〜798円)
 公式サイト:http://adidas-skinprotection.jp

【記事の写真をもっと見る】