Image by: Y-3

写真拡大

 「Y-3(ワイスリー)」は2010年2月14日、ニューヨークにてメンズ・ウィメンズの2010-11年秋冬コレクションを発表した。パークアベニュー・アーモリーで行われたコレクションは、英国のアート集団UVAによるインダストリアルレーザー光線ショーで遊び心たっぷりに演出され、フィナーレでは、デザイナー山本 耀司氏がモデル達と戦うというエキサイティングな演出が会場を湧かせた。

 「adidas(アディダス)」と山本 耀司氏によるコレクション「Y-3」が今シーズン表現したのは、陰鬱な空気に満ちた昨今の世界からの大脱出。鮮やかなカラーが散りばめられたユーモアと、好奇心をかきたてる美のコントラストでランウェイにたっぷりの明るさを復活させ、スポーツスタイルの未来へと導いた。

 テクノロジーと伝統を常に融合させてきた「Y-3」は、この秋、英国のテーラーリングからインスピレーションを得た。古典的なシェイプを革新的な素材で、あるいは古典的な素材を革新的なシェイプで再解釈。こうして生まれた徹底的にモダンで躍動感あふれるスポーツファッションウエアが披露された。

 特にオーディエンスを興奮させたのはフィナーレだ。一列に並んで登場した男女のモデルがコートを脱ぎ捨ててフロントロウに赤いバラを配るという演出のあと、山本氏がランウェイに登場して頭を下げると、突如、1人の男性モデルが歩み寄り山本氏に戦いを挑んだ。山本氏が勝利すると、次に現れたのは女性モデル。山本氏は地面に投げ出され、あえなくノックダウン!突然のエキシビジョンマッチに、会場は大きな拍手に包まれた。
 

【記事の写真をもっと見る】