協栄ジムの金平会長が激怒 亀田大毅がタイトル返上したら「訴える!」

写真拡大

 亀田兄弟がまた、法廷闘争に巻き込まれる可能性が出てきた。7日のWBA世界フライ級タイトルマッチで新王者となった次男の大毅(亀田ジム)が、WBAに義務付けられている坂田健史(協栄ジム)との初防衛戦を回避する形で、タイトル返上を検討していることについて、協栄ジムの金平桂一郎会長が、仮に返上したら亀田陣営だけでなく、JBC(日本ボクシングコミッション)やWBAも含めた関係者に対して、坂田の権利を侵害されたとして「法的対応をとることも考えている」と明言した。さらに、大毅の次戦についてオプションを所有するタイの前王者陣営も、「オプションをないがしろにされたら訴える」と話している。

「坂田は大毅との対戦が約束されているので、わざわざフライ級に減量をして、20日に世界戦の前哨戦を行う。それなのに大毅が減量苦を理由に逃げて、JBCやWBAも何もしないのであれば、こちらとしては法的に訴えるしかない」

 金平桂一郎会長がここまで強硬なのは、7日の世界戦がそもそも昨年に坂田と前王者の交わした契約を、WBAとJBCが強引な理屈で無効として、大毅が異例のダイレクトリマッチを行うことを後押ししたからだ。

 そのため金平会長は、WBAに7日の勝者が坂田と戦うことを義務付ける公式文書を出させたうえ、JBCを通じ、その内容を関係者が履行することを約束する文書まで作成させ、そこには亀田ジムの五十嵐紀行会長と大毅本人のサインもさせていたのだ。

 JBCの安河内剛事務局長やWBAのスーパーバイサー、そして前王者のデンカオセーンらもその文章にサインしているが、なぜかJBCは、そのコピーを協栄側に手渡すことを強く拒んでいるという。

 ある業界関係者は「それではJBCが亀田に有利な振る舞いを続けていると疑われても仕方がない」と指摘するが、金平会長は、「結果的にWBAやJBCも坂田の権利を不当に侵害した形にもなっている」と語り、大毅がタイトルを返上した場合、関係者をまとめて「訴える」と怒っているのだ。

 一方、タイのボクシング関係者によると、前王者のデンカオセーン陣営は亀田ジムと、大毅の次の2試合の興行権を所有するオプション契約を交わしている。もし、防衛戦がなければ、タイ側も10万ドル単位の利益を失うとみられ、そうなった場合は、タイで「亀田を訴える」と話しているという。

 亀田ジムと協栄ジムは、兄弟が協栄に所属した時代に「ファイトマネーの不払いがあった」として、亀田側が起こした裁判が続いている。それゆえ兄弟の父、史郎氏は周囲に「坂田とは絶対にやらん」と話しているという。

 ただ、そもそも協栄ジムと亀田家の関係が決定的に悪化した要因のひとつは、兄の興毅がランダエタとの防衛戦を終わった直後、金平会長と相談もせずにタイトルの返上をしてしまい、防衛戦で得られるはずの利益をなくしたことだった。

 もし今回、大毅もタイトルを返上したら、今度は海も飛び越えて法廷闘争の第2ラウンドが始まるのは必至。それでも亀田陣営は、本当に自分の意志を貫くのだろうか。
(文=原田翔)


※画像は亀田三兄弟公式ブログより



【関連記事】 「ファイトマネーはまだか!?」亀田大毅世界戦で"未払い騒動"が勃発していた
【関連記事】 亀田大毅 世界戦のチケットまったく売れず「無料で配ってもガラガラになる!?」
【関連記事】 「また逃げるのか!?」ボクシング亀田大毅世界戦 陣営に不穏な動き
【関連記事】 「あの1億円の行方は?」亀田興毅タイトル奪取の裏で復権目指す父・史郎の動き
【関連記事】 接戦でも"亀田優勢"報道? 内藤大助とのタイトルマッチにまたも報道規制