「お人形みたい」人気モデル佐々木希に、高まる不満の声

写真拡大

 いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの、モデルで女優の佐々木希。あまりの多忙ぶりに、雑誌の単発インタビューなどといった細かい仕事はほぼ断っている状態だという。

 そんなノリに乗っている佐々木は現在、雑誌やドラマの他に、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)などのバラエティー番組のレギュラーを抱えている。しかしそこで見る彼女は、用意されたセリフ以外はビックリするほど口を開かず、面白味の無いお人形状態。それでも許されるのは、世の女性達が憧れる「顔」と、男性を魅了する「愛され力」を持っているからだろう。

 しかし、これはあくまでも視聴者の目線。仕事として関わる芸能関係者達からは、「可愛いだけ」「しゃべらな過ぎ!」などと不満が出ることも少なくないのだとか。そんな声が方々から挙がっていることを噂に聞いていたが、先日それを裏付ける場面に出くわす機会があった。

 その日は、佐々木がCMキャラクターを努めるデジカメの新製品発表会。人気絶頂の彼女をいい位置から撮影しようと、多くの報道陣が受付時間よりも相当早くから集まっていた。

 メーカー社員による30分以上にも渡る長〜い製品説明が終わり、いよいよ佐々木が登場。彼女のトークショーが行われたのだが、MCの女性がどんなに話をフッても、「はい、嬉しいです」「はい、可愛いです」と短いオウム返しで終始し、トークショーは終了。彼女はさっさと姿を消し、会場に残されたのは「2時間待ってあれだけかよ〜」「使えるコメントが無い」「せめて囲み取材があればな〜」などと不満を吐露する報道陣達の姿だった。

 一部報道では佐々木が元ヤンだとの噂もあり、クリーンなキャラクターイメージを図るためにオウム返しを続けているとの見方もある。映画『天使の恋』で主演するなど、本格的に女優業に進出している今、外見的な魅力に加えて、親しみやすいキャラクターを作ることが、固定のファンを増やす要因ではないだろうか。

【関連記事】
佐々木希主演映画『天使の恋』で泣くためのポイントを考えてみた
元ヤンたちの最後の饗宴! ついに休刊「PINKY」最終号は?
「CanCam」の没落後に首位をとった、09年のベスト女性ファッション誌は?
サッカー・岡田武史監督が行っている不必要なモデルチェンジとは......
いずれ美化される!? 反感を買った略奪セレブカップルのベスト5