現在『桃太郎電鉄』シリーズが8本も開発中であることが判明

写真拡大

ファミリーコンピュータ時代から続く人気テレビゲーム『桃太郎電鉄』シリーズが、2010年2月現在、8本も同時進行で開発されている事がわかった。『桃太郎電鉄』シリーズは童話『桃太郎』に登場するキャラクター達が各主人公となり、日本全国の目的地を目指して一番乗りを競うスゴロクゲームのようなもの。

最低でも毎年1本は新作が発売されるというペースで開発されており、シリーズを通して20本近い作品が発表されている。『桃太郎電鉄』シリーズのゲームデザインをしている「さくまあきら」氏のインターネット日記によると、現在8本の『桃太郎電鉄』シリーズが開発中だという。

8本も同時に『桃太郎電鉄』シリーズが作られているというのは凄い。その8本を紹介すると、『桃太郎電鉄KINKI』、『桃太郎電鉄2010』、『**桃太郎電鉄』、『桃太郎電鉄ワールド』、『桃太郎電鉄AOMORI』、『桃太郎**』、『DS桃太郎**』、『ケータイ桃太郎電鉄』というタイトルとなる(もちろん仮称の作品もある)。伏せ字になっているタイトルは現時点で発表できないものらしい。

なかには「電鉄」というワードが入っていない作品もあるので、もしかすると『桃太郎伝説』シリーズの可能性もある。もともと『桃太郎電鉄』シリーズは『桃太郎伝説』シリーズから生まれたタイトルで、一部は同じキャラクターを使用している。ファミリーコンピュータで最初に発売されたのが『桃太郎伝説』で、そのあと『桃太郎電鉄』が発売されたのだ。

同時に8本を開発しているとなると大変な作業量になるかもしれないが、さくまあきら氏の作品は家族でも友達でもワイワイ楽しめる作品が多く、ファンやゲーム評論家から定評のあるものが多い。「発売が今から待ち遠しい」というファンもいるだろうが、今は既存の『桃太郎電鉄』シリーズを遊びつつ発売を待とう。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースがあります