『ラブプラス』バレンタインデー企画! 新宿でチョコレート配布

写真拡大

クリスマスに続きバレンタインデーも『ラブプラス』企画が行われた。新宿、品川、渋谷の3ヵ所でバレンタインデーチョコが配布されたぞ。配布されたチョコレートはグリコの『ポッキー』。高嶺愛花、小早川凛子、姉ヶ崎寧々の3種類のポッキーが配布されている。

3種類のチョコレート
中には『ポッキー』とAR(拡張現実)カードが入っており、専用のアプリケーションをダウンロードしてウェブカメラを通して見るとキャラクターが立体に見えるというものだ。早速もらってきたチョコレートに入っていたARカードでキャラクター達を出してみたぞ。ARカードを出現させるためには、『ラブプラス』バレンタイン企画サイトにて配布されているアプリ(Windows専用)をダウンロードする必要がある。それを使いウェブカメラ越しに早速実験!

ARコードを読み込むと・・・
すげええ! 『ラブプラス』のキャラクター達が俺にチョコレートを渡そうとしているではないか! この瞬間だけモテモテ! っていうたまらないアプリでございます。

左から、姉ヶ崎寧々、高嶺愛花、小早川凛子
今回のイベントではグリコの『ポッキー』が配布され、それぞれ異なるポッキーが入っている。高嶺愛花が通常の『ポッキー』、小早川凛子が『極細ポッキー』、姉ヶ崎寧々が『Men’sポッキー』となっている。もちろん中に入っているARカードにも異なるARコードとメッセージが書かれているぞ。

今回のイベントで貰い損ねた人はポッキーの裏に書かれている、JANコードを入力することによりARコードを取得できるのでそれを自分で印刷してARアプリに表示させよう。
ポッキーとARカード
ポッキーとARカードと寧々ちゃん
キャラクターは3キャラまで同時に表示可能。同じキャラは同時に出現させることが不可能で、おなじARコードがある場合はどちらか一方しか認識しない。寧々さんを10体表示させてハーレムにしようとしたのに!!!!!!!

これって『ニコニコ生放送』に使えたりするかな。 ぐへへ。

ラブプラス バレンタイン キャンペーン

■関連記事
先端テクノロジーを使いこなすバカの祭典『おばかアプリ選手権』へ行ってきた
Adobe MAX レポート:詳報(2) FlashでもAR(拡張現実)
渋谷の街にソーシャルブックマークする『pin@clip ピナクリ』の実証実験が12月1日に開始