『崖の上のポニョ』地上波初登場も30%割れで日本テレビ局内は真っ青!?

写真拡大

 5日、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送されたアニメ映画『崖の上のポニョ』の視聴率が、29.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ/以下同)だったことが分かった。

 テレビ不況、視聴率の低下が叫ばれる昨今のテレビ業界においては上々の数字だが、この視聴率に日本テレビ局内のスタッフは真っ青になっているという。

「国民的アニメの地上波初登場ですからね。連日の番宣に加えて、直前には特番までオンエアするなど、日テレは今回の放送に万全を期していました。劇場公開からまだ1年半ですし、局内での目標は40%越え。少なくとも35%は堅いと見られていましたから、30%割れという数字は『まさか』ですよ」(日本テレビ関係者)

 ちなみに歴代ジブリ作品の地上波初登場時の視聴率は、03年の『千と千尋の神隠し』がもっとも高く、46.9%。99年の『もののけ姫』が35.1%で2位。3位は06年『ハウルの動く城』で32.9%となっている。今回の『ポニョ』はこれに次ぐ数字だが、目論みの外れた日テレ宣伝部はすっかり意気消沈しているという。

「今回、アカデミー賞のノミネートから漏れたことも痛かったですし、『地上波登場』の告知をスポーツ報知だけに抜かせて(スクープさせて)、他紙の反感を買ったのも逆効果でしたね」(同)

 裏番組で『剣客商売』(フジテレビ系)が14%と大健闘。これを受けて日テレ局内では早くも「みんな『剣客』を見て、『ポニョ』は録画していたのでは?」などという言い訳が聞こえているというが......。


※画像は『崖の上のポニョ』(ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント)



【関連記事】 「ポニョの故郷」で起きた環境問題とジブリの沈黙
【関連記事】 『ポニョ』は中ヒット? 歴代人気作品と徹底比較分析!
【関連記事】 よりによってアノ曲! 紫綬褒章の久石譲作品紹介でフジテレビが大間違い
【関連記事】 "3D映画元年" 巨匠キャメロンが満を持して挑むSF大作『アバター』
【関連記事】 冒頭10分間がスゴい! ピクサー最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』