吉田秀彦

写真拡大

総合格闘家・吉田秀彦の引退興行に関する記者会見が2月8日にANA INTERCONTINENTAL TOKYOで行われ、4月25日(日)に日本武道館で開催されることが発表になった。会場には、吉田秀彦を始めとする出場選手、中村和裕、小見川道大、長倉立尚が登壇した。

引退興行記者会見の写真

引退について吉田は、「丸8年。もう少し長くやりたかったが、お客さんにいいパフォーマンスを見せられないと思い引退を決意した」とその理由を明かした。記者から引退試合に対戦したい相手を尋ねられると、「戦いたい選手はたくさんいる。誰でもいいのでおもしろい試合がしたい」と意気込みを語り、「(ヴァンダレイ・)シウバとの試合はおもしろかった」と振り返った。石井慧との再戦について聞かれると、「やれるならやります。本当は最後に石井とやりたい」と語った。

日本武道館での試合については、「日本武道館では柔道もやっていたし、最後はここで終わるのかと思いました」と感慨深げにもらした。また、「試合では柔道着を?」の質問には、「柔道の最後の試合も武道館だったし、引退試合も道衣を着てやりたい」と話した。この日出席した吉田道場所属の3選手は、「最高のパフォーマンスを見せつけたい」(長倉)、「光り輝くスター(吉田)に負けないくらい輝きたい」(小見川)、「いい試合をしてきっちり送り出したい」(中村)と試合への抱負を力強く語った。

なお、『吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜』の出場選手は、吉田道場以外にも日本人・外国人選手が決まっており、今後、マネージメントのジェイロック公式サイトで順次発表される予定。チケットは、2月24日(水)より一般発売される。

■関連記事
石井慧が生着替えで筋肉を披露! 「マムシの効力ありますね(笑)」
先輩・吉田が激励!? 戦極参戦の石井慧が3000人の前で公開調印式
「目標は世界チャンピオン」柔道・石井慧の戦極参戦が決定