勝手だし

写真拡大

<テレビウォッチ>「引退したわけですから、朝青龍がどこへ行こうが勝手だし、我々が大騒ぎすることはないんですがね〜」(キャスターの小倉)と言いつつ番組は、ほぼ1時間かけて朝青龍の大特集を。

「虚勢の張り方」

   引退会見で「ゆっくり休みたい」と語っていた朝青龍が翌日(2月5日)、『傷心』の思いがまだ吹っ切れないのではと思ったが、意外とサバサバした表情で姿を現したのは成田空港。


   待ち構えていたのはカメラとマイクだが、リポーターの執拗な質問にも終始無言で通して機上へ。

   休養地に選んだ行先は、氷点下25度というふるさとモンゴルではなく、ハワイだった。

   スタジオに生出演した漫画家・やくみつるが、その朝青龍の心境を……

「直接モンゴルに帰らないでハワイに行ったということは、(会見で)しょぼくれた姿みせてしまったので、そのまま国に帰ったのでは敗走したイメージを与える。これ見よがしにリゾート地に行ったのも虚勢の張り方で、朝青龍らしい」

「なんでこんなに…」

   で、到着したハワイでもやはりカメラとマイクが……。朝青龍は「プライベートできているのだから……」と断っても、宿泊先の高級ホテルまで追い回すしつこさ。

   その朝青龍がゴルフ道具を詰め込んだリムジンで出かけた後、ホテルに帰らず、行方知れず。

   わざわざ取材で現地入りした ディレクターは「どこのゴルフ場に行ったかもわからないし、ホテルに帰った様子もない。途方に暮れています……」と、電話でその模様を……

   コメンテーターのピーコからは「なんで(マスコミは)こんなに追っかけるのか、先行き(朝青龍が)何をするのかがあるんですかね〜」とやはり疑問が出る。

   『伝統』を重んじる日本。そのマスコミのこれぞ伝統的な追っかけ報道!? さて、マスコミの追っかけのしつこさに休養できたかどうか??

   ちなみに、2月13日はモンゴルの「旧暦大晦日」、翌4日は「旧暦の正月」。この時は朝青龍も帰国するのだろうが、本人のスケジュールが現在はっきりしているのは、10月3日に両国国技館で行われることが決まった断髪式という。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!