■第10試合 ミドル級/5分3R
チェール・ソネン(米国)
Def.3R終了/判定
ネイト・マーコート(米国)

前蹴り、首相撲からのヒザでソネンの突進を止めにかかったマーコート。それでもソネンはシングルでテイクダウンを仕掛けたが、マーコートは首相撲で待ちうける。首を引き抜いたソネンは、左右のエルボーを落としていく。ガードがオープンになり、構わずパウンドを落とすソネンに対し、マーコートは背中をキャンバスにつけさせられた状態から、何とか立ち上がる。

スタンドに戻っても、ソネンはすぐにテイクダウンを奪い返す。ガードからエルボーを振り回すマーコートだが、ソネンは左のエルボーを連打し、右の拳でパウンドを落とす。片ヒザをつけて、パウンドを落とすソネンにマーコートはヒップスローを仕掛けたが、首を殺され自らの上体を持ちあげることができないまま、 1Rが終了した。

2R開始早々、ソネンは抜群のタイミングで胴タックルを決める。そのままマーコートをケージに押し込むと、マーコートはパスを避けるためにアームロックを仕掛ける。無理な姿勢のアームロック狙いを潰したソネンは、ギロチンの態勢に入ることも許さず、腰をコントロール。立ち上がると、強烈な左パウンドを落とし、マーコートの動きが鈍ると、一気に左右のパウンドを連打する。ここでマーコートは起死回生の足関節を狙うが、足を引き抜いたソネンがバックをキープ。後ろ向きでエルボーを振り回すマーコート、攻めているはずのソネンの顔面が流血で真っ赤に染まる。

ソネンが攻めあぐみ、一瞬腕を狙おうとしたのか、動きが止まったところでマーコートが立ち上がる。しかし、直後にソネンがまたもやテイクダウンを奪い、マーコートは逆襲の機会を得られないままパウンドを集中され、2Rを終えた。

3R、マーコートの蹴りに体を預けるようにテイクダウンを奪ったソネン。マーコートは腹を蹴り上げ、距離を取って立ち上がったが、ここでソネンがバックを奪う。ガードを取り直したマーコートをパウンドで攻め続けるソネン。

試合はスタンドに戻り、残り時間2分となったところで、テイクダウン狙いのソネンに再びマーコートがギロチンを仕掛ける。タイトに首に巻きついたようにみえたが、ここも難を逃れたソネンがバックを狙う。と、マーコートは腰投げのようにソネンをマットに這わせる。マーコートは最後の力を振り搾るようにパウンドを集中するが、ここでタイムアップ。死力を尽くした攻防は、ソネンの判定勝ちに。勝者ソネンの強さは当然として、敗れてなおマーコートの強さを見た15 分間だった。