■第8試合 ミドル級/5分3R
デミアン・マイア(ブラジル)
Def.3R終了/判定
ダン・ミラー(米国)

踏み込んで右ボディを放つミラー。マイアは左を打ち込み、距離が近づくと組もうとするも、ミラーはアッパーで突き放す。ならばと細かいパンチを見せて組みついたマイアは、ケージにミラーを押しこんだが、テイクダウンに至らず、再び打撃の間合いへ。

鋭い左ミドルから組みついたマイアは、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。直後に立ち上がったミラーに対し、マイアが放ったヒザは急所を直撃したが、レフェリーが見落としたため、フックを連打で打ち込む。ここで股間を押さえ、距離を取ったミラーにインターバルが与えられ、試合は再開。ミラーの左ジャブに、マイアは右ストレート、左ボディフックを合わせていく。

ここで再び組みついたマイア、足払いでミラーの姿勢を崩すが、ミラーも直後に立ち上がる。

2R、打撃の間合いでお見合いが続くなか、時折距離が縮まると、互いに単発のパンチを放つが、硬直した局面を打開することはできない。館内からブーイングが起こるなか、ミラーの右ボディがヒットするが、試合は再びお見合いの展開に。左を伸ばすマイアだが、これはミラーの顔面を捉えることができず、またスタミナ温存のためか組みつくこともないまま、動きを見せることなく最終ラウンドを迎えた。

最終回、引き続き右ミドルを打ち込むミラー。マイアの右をかわし、距離を再びとる。ここでマイアが動き、組みついていくが、距離を取られてしまう。ミラーのパンチでバランスを崩したマイアは、尻持ちをついた状態から、ミラーが勢いに乗って近づいてくるとサイドについて、テイクダウンに成功。足を折りたたみ、パウンドを落とすが、ミラーに立ち上がられる。続けてテイクダウンを仕掛けたマイアに、ミラーはスプロールからかわしたように見えたが、再びテイクダウンを奪われる。

左ワキを指して、右でパウンドを落とすマイア。足を引き抜いてパスを狙うが、ミラーは畳んでいた足を戻してフックガードへ。両腕をかんぬき状態にして、パウンドを防ぐミラーは、ラバーを見せるが、功を奏さず、このまま試合終了。30-27、30-28、29-28でマイアがUFCで初めて判定勝ちという結果を手にした。