ちょっと…

写真拡大

   <テレビウォッチ>「批判」と「称賛」の間のなかで朝青龍が引退を表明した。番組では大半の時間を割いて、引退会見の模様やモンゴルの反応など角度を変えて取り上げた。

こんなはずでは…

   その中で、唐突とも思える引退のウラで何があったのか?? 朝青龍担当(?)のリポーター、横野レイコがその舞台裏に肉薄した模様を……


   2月4日の11時から予定されていた日本相撲協会に理事会。この日は、先に理事選で当選した理事たちの新役員決定が中心議題で、朝青龍引退に発展するはずではなかった。

   まず、『嵐の兆し』が出たのは開催15分前。朝青龍の師匠である高砂親方がやってきて理事長に泥酔暴行騒動に関する報告書を提出していった。

   で、理事会は11時から予定通り始まったが、どういう経緯かいきなり朝青龍の『引退』か『出場停止』を挙手で決めることに。その結果、半々だったことから本人を呼んで13時から2回目の理事会を開くことにした。

   ところが、2回目の理事会が始まっても本人は来ず、姿を現したのは約10分後だった。

   ここで笠井アナが「(理事会への)10分遅れってあり得ますか?」と。番組に生出演した元横綱の曙が「多分、あり得ないんですけど、あり得ますね。突然呼ばれたから頭とか準備しなければいけない……」。

「積もり積もったものが」

   しかし、度重なる不祥事のすえに遅刻は、理事たちにとってあり得ないことだった。理事会のムードは完全に『怒』に変化。

   部屋に入った朝青龍が説明をし、理事から「応接室で待っていなさい」と言われて出てきたのは15分後。横野によると、部屋を出てきた朝青龍はホッとした表情で、『引退の顔』ではなかったという。

   が、このあと理事会で2回目の挙手が行われたが、今度の選択肢は『解雇』か『出場停止』。遅刻が影響したのか、『解雇』7に『出場停止』は5だった。

   それでも「今日いきなりは可哀そう」という温情派の理事から意見が出て、14時30分から再度、朝青龍の話を聞く3回目の理事会を。

   そこで朝青龍が10分ほど説明し部屋を出た直後、今度は友綱親方など3人の理事が朝青龍の待機する応接室に出向き、話し合い。この間5分足らずだが、どうやらここで引退の説得が行われたようだ。

   3人の理事が引き揚げてわずか3分間で朝青龍と高砂親方は引退を決意し、理事会室へ出向いた。

   曙は「すごいドラマですね〜、ボクが辞める時はコンナデハなかった」。

   キャスターの小倉は「これまで決めることが遅かった協会が、昨日は速かったね。これだけ重要な問題なのに結論が早いのは、ちょっと違うのではという感じが……」と、理事会の対応に疑問を。

   これにコメンテーター中、唯ひとり朝青龍に辛口のNHK相撲解説者、舞の海が「おそらく表に出ないいろんなことがあったと思う。親方たちは、相当がまんにがまんを重ねてきた。とくに巡業部の怒りは半端じゃなかった。それが積もり積もって一気に出たのでしょう」と。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!