そんなに!

写真拡大

テレビウォッチ>貴乃花を理事に選んだ相撲協会の理事選で、立浪一門に造反して退職するとしていた安治川親方(36)がきのう(2月3日)、一転して協会に残ることになった。

外部の声を意識

   このままだと、立浪一門への風当たりが強くなるのを避けたらしい。一門の理事、友綱親方が安治川親方にただし、「やめたいわけではない」「ならば勉強しろ」となったという。友綱親方は、「処罰はない。これからいろいろ言われるだろうが、それが処罰だ」と話した。安治川親方は、一門の逆風の中で生きることになる。


   しかし三屋裕子は、「結果としてはよかったが、一門のことを考えて慰留したというのだったら、ちょっと違うのではないか」と。これは正論だ。

   スタジオ・ゲストは評論家の山崎正と元文科省次官の松浪健四郎。山崎は「協会が外部の声を意識するようになったのは、進歩」。松浪も「上手に収めたなという感じ。慣例で動く社会だが、安治川の功績も評価されるでしょう」といった。

「総裁選でも造反わかる」

   また、友綱親方は、「(残る1票の造反を)捜すことはない」といったが、「黙ってれば、わからない」という山崎に松浪は、「わかるもんですよ。われわれの総裁選でもそうなんだから」。

   対して三屋は、「犯人捜しなんてもってのほか」。しかし松浪は「人間社会だから、そうなる」

   みのもんたが、フリップの「二所ノ関一門から1票」を指して、「この1票、だれ?」(笑い)

   安治川親方が借りていた年寄株は、現役の安美錦のもの。このため伊勢が濱親方はきのう、「うちが貸している名跡で造反とは、信じられない」とはげしく反発していた。この株こそが、本来改革すべきもの、と山崎はいう。買えば2億円だという。

   みのが「そんなに高いの。いまだったら小沢さんくらいだよ、買えるの」(笑い)

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!