改革難しい

写真拡大

テレビウォッチ>『改革』のために1票を投じたと名乗り出、退職の意向を表明していた安治川親方(元前頭・光法)。前日の深夜の会見から1夜明けた2月3日、退職の意向を撤回し残留会見を行った。

安治川親方、一転残留

   会見で安治川親方は「友綱親方はじめ伊勢ヶ濱親方、一門の親方衆のご厚意により協会に残らせて頂くことになりました」と。


   僅か1日の間に何があったのか?? 相撲担当リポーターの横野レイコによると、理事選翌日に行われた立浪一門の『造反者捜し』めぐる厳しい報道に一門の長である友綱親方がビックリ仰天。

   3日朝から一門の親方衆を訪れて話し合い、はらわたが煮えくりかえりながらも本人を説得し収拾を図ったのが真相のようだ。会見に同席した友綱親方は『慰留』の理由について次のように語った。

   「安治川親方が自分の責任だけを感じて行動をとった。一門はそういった方向では話をしていないということを彼(安治川親方)に話したところ、彼も1夜明けて冷静に考えられる状態になったのではないかと思う」

一件落着か

   これで造反騒動は、形の上では一件落着となったようだが……スタジオではキャスターの小倉が「1番喜んだのは(造反票を入れた)残る2人。安治川親方がこういう形で決着したので喜んでいるでしょう」と。

   続けて小倉が「一門の絆が強いとどんないいことがあるの?」と素朴な疑問。これに横野が「理事会で協会の運営をする時に自分たちの声をすぐに吸い上げてもらえる……」と。

   この親方衆の代弁のような説明にカチッときたのか、小倉が「利権だろう!!」と奇声を発し、続けて「これでは改革なんて難しい」と。

   初めから『造反者捜し』などやらなければこんなことには……そこが角界に罷り通っている『非常識』『固陋』ということか……

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!