ゲーム世界を変えた作品9選:2000-2009年

写真拡大

Chris Kohler

2000-2009年という10年間のゲーム業界を振り返ってみるとき、その10年間の最初には、「子供向けゲーム」が駆逐されようとしているという感覚が一般にあった。任天堂や子供向けエンターテインメントの時代は終わりを告げた、これからのビデオゲームは、何百万ドルもの制作費、圧倒的なフォトリアリズム、そして「感情エンジン」によってリアルな人間のように演技する「デジタル俳優」、といったことが言われていた。

しかし、10年間が終わってみての結果は違う。確かに、莫大な費用がかかる次世代ゲームには、たくさんの企業が大金を投入した。しかし、途中で資金が底を尽くことなく最先端のエンターテインメントを常に送り出し続けられるような会社は、ほんのわずかしか残らなかった。

一方で、より多くの会社は、遅ればせながら、昔ながらのシンプルで取りかかりやすいゲームが時代遅れではないことに気づくに至った。実際に、非常にたくさんの人々がコンピューターで『ソリティア』をプレイしつつ、もっと面白いゲームが出ないかと心待ちにしていたのだ。

この10年間で影響の大きかったゲーム作品を、以下に選んでみた。7000万人が参加するSNSゲームなど、現在の潮流についても紹介する。

WIRED NEWS 原文(English)

  • ギネス「史上最高のゲーム」ランキング:10位中7つが日本製2009年2月27日
  • 『メタルギアソリッド4』小島秀夫氏NYサイン会が盛況:写真レポート2008年6月13日
  • 中国の少年が同級生に放火、「ゲーム『WoW』から影響」と主張2007年12月25日
  • 『ザ・シムズ』を自己表現ツールに:アルバム機能で物語を創作2003年7月8日
  • オンラインゲームの「大衆化」を模索する開発者たち2004年6月1日
  • 『ヘイロー2』、発売初日で1億ドルの売上を達成2004年11月11日
  • PS2用ゲーム『Guitar Hero』でロックスター気分を満喫2005年11月24日
  • 任天堂の『脳を鍛える』で、算数成績が50%アップ:調査結果2008年9月29日