<テレビウォッチ>貴乃花親方を理事に選んだ相撲協会の理事選挙で、貴乃花に投票したと、立浪一門から安治川親方が名乗り出た。しかし「迷惑をかけたから」と、廃業するのだという。いわば捨て身の造反だった。

「けじめを」と廃業

   安治川親方は元前頭「光法」。伊勢が浜部屋の現役関取安美錦から年寄り株を借りて、宮城野部屋つきの親方として後進の指導にあたっていた。


   親方は「角界を変えてほしかった。貴乃花親方を尊敬していた。自分の気持ちに素直に1票を投じた。後悔はしていない。反省はしているが」といった。

   だれにも相談せず、結果が出た後で貴乃花親方には「8票目になればと投票した」と、退職する旨も伝えたという。退職するのは、「一門の和というものがあり、株をかしてくれた親方に迷惑をかけたから、けじめを」と。

   立浪一門で落選した大島親方には頭を下げたが、親方は「気にしなくていいから」と言ったという。安治川親方は「いまはすがすがしい気持ちです」と話した。

   みのもんたが、「辞めざるを得ませんか?」

   中沢潔は、「良心に従って投票し人が初めて出た。しかも、自分から名乗り出て、変化が欲しいからというのだから、喝采ものだが、それが相撲界から出て行かなくてはならないとは悲劇ですね」と嘆く。が、これが相撲界の現実だ。

「犯人」詮索やめてほしい

   きのう(2月2日)立浪一門は緊急の一門会を開いて、だれが造反したかを調べた。聞き取りの後、桐山親方は「心当たりの方は一門から出て行ってください」といった。一門からはあと1票が、また二所ノ関から1票が動いている。

   既にスポーツ紙には、名前までが出ているが、中澤は「(詮索は)やめてほしい」という。「これから変わっていこうというときですから」

   貴乃花を後方支援していた元横綱大鵬は、すでに4年前から貴乃花が理事に意欲をみせていたと明らかにした。「待て待てと抑えてきた」のだという。当選しても、「大変だと思いますよ。票が足らないんだから。だから、(本人に)一生懸命にやらないといけないと言った」。

   前途は決して平坦ではないようだ。新理事会の最初の試金石は、横綱朝青龍問題だ。まずは2月4日の理事会がどうなるか、調査委員会の結果は10日に出る。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!