大きさを

写真拡大

<テレビウォッチ>相撲界の古いしきたりを破り、貴乃花親方に1票を投じた『理事選逆転劇』の立役者の1人が名乗り出た。

「いくらもらった?」の声も

   立浪一門の宮城野部屋付き、安治川親方(36)=元前頭・光法。責任を取って角界を去る決意を明らかにした。


   番組では、リポーターの横野レイコが、理事会選挙から一夜明けた昨日(2月2日)、立浪一門で繰り広げられたその顛末を……

   それによると、2日午前、立浪一門の『反省会』が行われた。実際は「造反者は名乗り出ろ」で始まった『犯人探し』。

   名乗り出た安治川親方は、「他の親方衆から『辞めてしまえ』『貴乃花親方からいくらもらった?』と、糾弾されたようです」(横野)という。

   「その思いを皆に伝えてくれたらいい」と開放してくれた大嶽部屋でこの日深夜、記者会見した安治川親方は次のように。

「このたびの理事選で私が貴乃花親方を支持し1票を入れました。一門の親方に大変ご迷惑をおかけしましたので、自らのけじめとして協会を退く覚悟でおります」

   また、造反した理由について安治川親方は「貴乃花親方のインタビューを見ていて、『勇気と心意気』を言われた時、この人だったら何かしてくれると思って……」と語った。日本相撲協会には2月3日、辞表を提出するという。

ひんしゅく買うのは…

   スタジオに生出演した相撲ジャーナリストの山崎正は「せっかくいい方向に向かって、自由がようやく来たと思ったらまた逆戻り」と。この後、スタジオのコメンテーターたちが一斉に因循姑息な相撲界に注文を。

   キャスターの小倉も語調を強めて「改革しなければと、貴乃花さんに1票入れた彼の気持ちは大切だと思う。(協会が)あっそうですか、辞めるの……と言うのだとしたら、ちょっと違うだろう。誰かが止めなければ」と。

   タレントの高木美保も呼応して「こういう人の問題提起ってむしろ有難いものと思って、大きさを見せないと……」。

   デープ・スペクターは「フタを開けると見ない方がいいのが多い。ねちっこい閉鎖的なことをやっている場合ではない。理事会が彼をやめさせれば親方たちはひんしゅくを買うでしょう」。

   芸能ジャーナリストの前田忠明が「彼が廃業させられたら、後の2票を投じた人どうするの。『犯人探し』をやるの??」と、ポイントを突いた疑問を。

   さて、協会がどんな処理をするのか、朝青龍問題とともに見物だ。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!