矛盾

写真拡大

<テレビウォッチ>横綱・朝青龍の泥酔暴行事件。高まる批判に押されて日本相撲協会も2月1日ようやく動き出した。

示談書提出求めたが…

   理事選後の新理事会で『調査委員会』を発足させ、事実関係調べに着手したのだ。番組では、リポーターの横野レイコがその経緯を……


   委員会は友綱理事(元関脇・魁輝)を委員長に、村山弘義外部理事(元東京高検検事長)、玉ノ井親方(元大関栃東)の3人で構成。

   さっそく初仕事として友綱理事は、この日の理事会に欠席した朝青龍の師匠である高砂親方に電話し、示談書の提出と朝青龍が予定している節分の豆まき自粛を求めた。

   ところが高砂親方から提出されたのは示談書ではなく報告書。しかも報告書には「殴打の事実はないと書かれていたようだ」(横野)という。

   番組では触れなかったが、被害者が「暴行したのはウソでした」と書いた書類が添付されていたという報道もある。

   事実とすれば、『国技』というより、うやむやに済まそうという『黒技』。協会も甘く見られたものだ。

「本人以上に協会ひどい」

   友綱理事は改めて示談書の提出を求めたという。

   スタジオでは、キャスターの小倉が「殴打の事実がないと言っておきながら示談書ってどう考えても矛盾しているじゃないですか」と。

   これにゲスト出演した相撲ジャーナリストの大見信昭が次のようなコメントを。

「そういう事実がなければ示談も必要ないわけですからね〜。この問題は、横綱の品格云々を通り越している。今まで協会が『解雇』したという例はなく、トラブルのあった力士は自分から廃業届を出して辞めている。朝青龍はどうするか注目しているのですが……」

   ニューズウィーク日本語版編集長の竹田圭吾もさらに厳しい意見を。

「弁解の余地はないですね。殴っていないなら先週はなぜ協会に謝りに行ったのか。やった本人以上に協会の対応はひどい。今ごろ調査委をつくるなんて、機能不全に陥っているあらわれ」

   協会がまずこの問題にどう処分を行うのか、新体制は早くも正念場を迎えている。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!