アメリカの高速道路に『独島は韓国の土地』と記された広告看板

写真拡大

アメリカの高速道路に竹島(韓国名:独島)をPRする大型広告看板が登場して韓国で話題になっている。

カリフォルニア州、ロサンゼルス都心から東へ約40km離れた60号線の高速道路そばに立てられた屋外用大型広告看板には25日から竹島の写真と共に「独島(ドクト)は韓国の土地(Dokdo Island Belongs to KOREA)」というコピーが掲載されており、また、広告看板の下は「ダイヤモンド・ファミリー・スパ」(Diamond Family Spa)と記されている。

この広告はロサンゼルスの近隣都市ダイヤモンドバーで大型サウナ『ダイヤモンド・ファミリー・スパ』を運営する韓国人が2ヶ月契約で広告出稿したもの。

この広告を出した韓国人は「(この広告に対する)韓国ネチズンの大きい反応を見てとても気まずかった。私がすごい愛国者のように映って当惑する。」と話しており、「冬季オリンピックもあるだけにキム・ヨナ選手を活用した広告を考えたが、肖像権問題があるようで独島広告をすることになった。」と、この広告を出した理由を説明している。また、同韓国人によればこのような広告を出したがっていて出せない韓国人が多いとのこと。

このニュースの元記事を読む

■関連記事